CDs



発売中/On Sale(2015)
Flower/Mamela MacCarthy with Tomoya Hara


発売中/On Sale(2013)
Beautiful Day / ON & Sara Rector


発売中/On Sale(2010)
Zui


発売中/On Sale!
CD, 「波紋/Window Trio Live」
(2007)



2006年の秋、Window Trioの三名はドラムセット、ウッドベース、
ギター2本、エレキベース2本、ベース/ギターアンプ、スタンド類、
そして各自の荷物で隙間なくぎっしりつまったバンに乗り込み、3000㎞の旅に出た。

トリオメンバーが一同に会したのはツアー前日であったが、20日間の道中三人は
親交を深め、日々音楽も育っていった。前作の原/トゥリアンのデュオCD「Window」に初めて収録されたCDタイトル曲「波紋」は,今回ドラマー、フラディの参加により
全く新しい曲想を得ることになり、このトリオサウンドの独自な性格を最も
わかりやすく示している。

トリオの演奏スタイルは始めから計画されたものでは無かった。
ツアー中、長時間に及ぶドライブの間車中に鳴り響いたのはバディ・ガイやフランク・ザッパ等のブルース、ロックであり、それが三人の共通なルーツであることが次第に明るみに出ていった。そして日々のステージ演奏に新しい方向性が加えられていったのである。特にツアー三日目、京都のクラブでのアフターアワーセッション以降、
トリオの音楽は急速にジャズとロックという二つの顔を持ち始める。

他にもこのトリオのサウンドに影響を与えたものは・・
旅の間に出会った人々、そして美味しい食べ物、お酒、温泉、美しい景色などの
楽しい想い出・・

・・そして数々の災難・・
避難勧告まで出た豪雨の中でのライブ興行、演奏中無慈悲に起こるギターアンプの
接触不良、「プリティ・パンツ」エンディング、最後の一撃で割れたブライアンの
大切なチャイナシンバル、車両破損、悲劇の録音失敗・・等々。

そういったツアー中の種々の出来事がこのCDの隠し味になっていれば幸いである。


There's something special that happens to the music when a
band spends a little time together on the road. Something
about watching all the the miles go by, something about
the close quarters, something about all the particular
mishaps that invariably occur over the course of a tour.

These three 21st century bards traveled 20 days,
performing and perfecting this music along the way from
Tokyo westward to Kyoto, all the way up to Aomori and then
back. As for close quarters: the three of them, along with
luggage, two guitars, two amps, three basses, and a full
set of drums did a pretty good job of filling up Mark's
car. And there were mishaps: equipment problems,
torrential rains (true to Brian's surname), collateral
damage (Mark had a new car at the beginning of the tour),
recording failures, to mention just a few.

Whereas the Hara/Tourian and Tourian/Floody combinations
both have histories of their own, this tour was the first
time the three performed together as a unit. One need only
compare the opening and title cut on this CD to the
version on Hara and Tourian's previous duo recording
"Window" to hear how this band quickly developed a sound
of its own. The trio retains the subtle interplay of the
guitar/bass combination, but augments it with the broad
pallette and powerful dynamics made possible by the
one-man symphony we call a drumset.

Unfortunately, some of the highpoints of the tour couldn't
be captured on this disc- the beautiful sound in
Ichinohe's Tohmon, the vintage Gretsch drums Brian played
in Toyama, the outrageous after-hours jam session after
the gig in Kyoto. And sadly a few of the lowpoints are
here: Tomoya's elusive search for the unfailing guitar
connection, the final chord of "Pretty Pants" that
spelled the destruction of Brian's prized china cymbal.
But some very memorable moments are here as well.
Corcovado's hero starts out with a lonely guitar on the
beach, and ends up jetskiing with the porpoises over
three-meter swells. The melody of Mark's tune "Nina,"
written just after the birth of his daughter, spells pure
musical joy. And what could paint a prettier picture of
the successes of the tour than the applause of the
capacity crowd reverberating throughout the 19th century
wooden church in Fukushima after the encore "Amazing
Grace."

CD Art work: Shinichi Honda

試聴・Samples
//////////////////////////////////////////////////////////////


CD-WINDOW/Tomoya Hara and Mark Tourian(Panormo Music)
 メールにて注文発売中!! \2,500(税込)+送料¥200(国内)

お支払い方法はメールにてお問合せ下さい。

ポスター
POSTER

「窓」より眺める一日の移ろい-
ギターの調べに東空がしらみ、「暁」。
コントラバスが加わり夜明けとともに二人の音の冒険が始まる-
ジャズスタンダード、オリジナル、ブルース、バラード、
そしてロック。やがて一日の終焉「黄昏」。
最後の光が西に消えて・・


As you gaze through this window you can witness the passing of an entire day. The dawn is ushered in by the shimmering chords of Hara's acoustic guitar, and the melody of his "Sunrise" leads off this adventure in duets. Joined by Tourian's bass, the pair travel this day through standards, jazz tunes, and original compositions, interspersed by forays into the blues. Tourian's "Sunset" gives a gentle reflection on the day as the last rays of light dissipate.


WINDOW

Sunrise 暁 Tomoya Hara 8:13
Falling Grace Steve Swallow 5:11
Greasy Tomoya Hara and Mark Tourian 4:02
波紋 Hamon(Ripples on the water) Tomoya Hara 6:34
Witchcraft Cy Coleman 5:59
Ladies Choice John Abercrombie 5:42
Big Booty Mark Tourian and Tomoya Hara 2:09
Bali Time Mark Tourian 6:24
Polka Dots and Moonbeams Jimmy van Heusen 6:37
Why you always . . . Mark Tourian 5:37
Stablemates Benny Golson 4:18
Sunset 黄昏 Mark Tourian 8:12

Tomoya Hara-acoustic & electric guitars
Mark Tourian-acoustic bass

Produced by Tomoya Hara and Mark Tourian
Co-produced by Hiroyuki Hatanaka
Recorded, mixed, and mastered by Mark Tourian
Art direction, photography, and design by Shinichi Honda

===========================================================


1999年に発売したCD、INTIMATIONS(インティメイションス)を紹介します。 

 このCDは、私と、テナーサックス奏者、 Bob Kenmotsuとの
コラボレーションによって実現した作品です。
   サックスとギターのデュオをベースに、ロスアンジェラス在住の
パーカッショニスト、Babatunde(ババトゥンデ)をゲストに迎え、
ケンモツ、原のオリジナルを中心に、スタンダード、他のアーティスト
の曲など11曲を収録しています。


パーソネル

BOB KENMOTSU

tenor sax, flute, soprano sax

HARA TOMOYA,

guitar

BABATUNDE

congas,  percussion (5,6,10,11を除く)


収録曲/解説

1. Junko Song
 Bob Kenmotsuが最愛の妻Junkoさんに捧げたロマンチックなバラード。
レコーディングの前日に作曲したそうで、
「ギターのサウンドに合うと思って作った曲だ」と言ってました。

2.  New Model
この曲もBobのオリジナル。
「新しい感じのモーダルな曲」ということで、Modalを新しいモデル
(Model「手本,模範」)にひっかけて命名したのでしょう。
かっこいい曲ですね。

3. Estate
イタリア人の作曲家/歌手のBruno Martinoの代表的な作品で、
よくジャズミュージシャンに取り上げられる美しいメロディの曲。

4. Ngi (Baby)
私のオリジナル曲で、当時一才だった息子の「んぎーっんぎー!」
とちょっと変わった泣き声をバックに作った曲です。
掟破りのコード進行にさすがのBobも一瞬ひるんだが、
いざやってみればあのような素晴らしいアドリブを事も無げに展開してくれました。
さすがです。

5. Shikoku
Bobが1997年ごろ日本をツアーした時に四国の美しさにふれて作曲した
三拍子の曲。この曲はデュオで演奏しています。

6.  In Your  Own Sweet Way
言わずと知れたジャズピアニスト、Dave Brubeck(Take Fiveの作曲者としても有名)
のスタンダード。本当に多くの人が録音しています。
これもデュオで演奏。

7.  June 16th
私が20代のころに書いたワルツです。
Soprano Saxの音がとても新鮮に感じられました。

8.  The Scorpion
これも私のオリジナルのマイナーブルースで「蠍座」の意。
なんとなくそんなイメージの曲調に感じられたので命名。
この時は自分がベーシストになった気持で演奏しています。

9.  Bossa Laura
Bobのオリジナルで娘のLauraに捧げた軽快なボサノヴァ。
フルートが心地よいです。

10.  First Snow
素晴らしいベーシスト、Dave Hollandの曲です。
カナダで勉強中、Dave Holland本人より譜面を頂きました。
作曲者本人もあまり録音を残していないようなので
レア物と言えるかも知れません。デュオ演奏。

11.  Solar
あのMiles Davisの初期の曲でこれも多くの人が演奏しています。
ジャムセッションでよく演奏される定番曲のひとつだと思います。
これもデュオ。

以上、私達の音楽を楽しんで頂けたら幸甚です。

                        原 とも也


レコーディングデータ

Nacnud Studios in Lodi, California

[April 22,1997]

OTR Studios in Belmont, Calfornia

[February 22,1998]


発売元

輸入盤

Amosaya Records, Inc.
P.O.Box 772          
Times Square Station  
New York,NY 10108   
e-mail: amosaya@aol.com
http://www.amosaya.com 
phone: 212-802-7694    
品番:AM-2539-CD


Copyright, 2001 (C) Tomoya Hara / All rights reserved